About

Mission and Outreach

プリンストン大学でのリヒテンシュタイン自己決定研究所(LISD)は自己決定に関する教育、研究と出版をサポートしています。国家および非国家主体を含む社会文化的、民族的、宗教的問題を考慮した国家、自治、主権、保証と外交に関する問題に特に焦点を当てております。2000年にリヒテンシュタインのハンズ アダム二世王子の寛大な措置によりLISDは設立されました。ヴォルフガング ダンシュペクグルバーがLISDの所長を務めております。

LISDは専門家、実務者、意思決定者、公的又私的部門の代表者を集めることによって世界平和と安定を高める事を目的にしております。世界情勢に応じた革新的で持続可能な解決策を見つけるために戦略的、政治的、法的、経済的、文化宗教的視点から重要な出来事や危機を検証しております。LISDメンバー達による個人的な研究や特別プロジェクトに応じて招集された会議に加えてLISDは公的講義、セミナー、ワークショップを定期的に主催しております。それらは多様な専門家や政策立案者を世界中からプリンストン大学に招いて大学の生徒やより広範囲な大学のメンバー達や地域の人々と彼らの業績を分かち合っています。

プリンストン大学の大学院生や学部生達は様々なLISDのプロジェクトに関わっています。ミーティングや会議を計画する事から外交論議に参加したりレポーターとして務める事などしています。研究所プロジェクトへの生徒の関与又はLISDの教員によるプリンストン大学での授業は、明日のリーダーを育てる為、生徒の育成が主な研究所のコミットメントとしております。